古くなった記事です。スミマセン。
当時、「ページランクは問題あり!!!」と友人にgoogle開発者(大学教員)が居ることを
スッカリ忘れて公に書いてしまった記事でした。後に嫌味を言われたよ…。

ブックマークとベージランク

私のサイトを例に挙げますと、ブックマークは各サイト平均50%〜60%。
アクセス数的に巨大ですから、これはかなりの規模といえます。
小さなサイトのブックマーク率とは違いますので、凄いことと自負しても良いでしょうか?

一応、当サイトのサイト作成・運営ウンチク趣旨も”いかにブックマークされるか”
という良質なサイトを目指そう!!!というものです。

でも、厄介なのがページランキングというヤツ。
これが出てきてくれたおかげで、良質なサイトを作ってブックマークされるより、
小手先のワザでランクを上げようとするやり方が出てきました。

近年googleで採用されYahoo!も取り入れましたが、これってどう考えても
ブックマークは関係無く、どれだけリンクを張られているか…だけじゃないか?
と思ってしまいます。

UMA以外はカウンターを付けていない私のサイトたちですが、
相談所よりも機械式時計研究会の方がページランクが低いです。
アクセスは親サイトだけあって多いです。

確かにページランクを見て「ここは高いから良い」ということが感じれますし、
正直、何かを調べようと思った際には良い指標になっていると思います。
初めて伺うサイトさんの質を簡単に判断できるものでしょう。

ブックマークは関係なし…という弊害

その機械式時計研究会(ザ・懐中野郎)ページランクは(5または)4です。
ページランク6の当相談所や謎の巨大生物UMAを独立させても、
今尚700ページもあります。
(以前は1,000ページを越え、今読まれているこのページがその1ページ。)

当相談所の付属サービスの対応優秀電子商店街商品紹介センター
更新終了のインパクの謎とページランクが一緒です。

なんですか、このページランクってヤツは!!!

ページランクが低いってことは、ランクを見れる一般の人が”低い”と思ってしまうこと。
ちょっとカンベンして欲しいなぁ…と思いますが、多分解決できない壁でしょう。

前出の「インパクの謎」で書いた指標になら無いかもしれない指標…というのは
投票をネットで呼びかける手段でした。

読者にとって、作者にとって好い指標ってのは何だろう。
700ページも有るサイトがオマケの数ページと同じとは。
ブックマークが60%もあるのだから、本当にカンベンして欲しいです。

▲最近ではページランクだけでなく、語句の中身まで付加して
検索に反映させるようになっているそうです。

▲機械式時計研究会と当サイトは時々ページランクが1個上がります。
上がるか上がらないかの微妙なラインに居るのでしょうか。

一方、UMAサイトや例で出しているものたちは安定しています。
ランクの幅の中ほどの位置にいて多少のことでは上下しないのでしょうね。

ランクセブン(7)を目指してみるか!!!

主張型ウンチクサイトでもページランク7をゲットできるでしょうか?
ページランクはGoogleを10として、Yahoo!が8(又は9)。

UMAサイトは安定した6。当相談所も6(時々5に落ちる)。
前出の研究会は5(時々4)なので問題外。←スタートサイトなので想い入れが深い
ノウハウ紹介サイトを巡って勉強して試してみましょう。

ただし、個人的に労力をかけたくないので長期計画ですね。

▲そのUMAサイトですが、サイト引越しました(2004年6月末)。
ページランク0のまま2ヶ月以上が経つ…。反映遅過ぎ…(涙)

ページランクが襲った弊害

個人の趣味サイトなら相互リンクはあまり関係ないです。
好きなように結べますし、たとえ相互リンクを募集しなくても良い訳ですよね。

しかし商用サイトならどうでしょうか?
相互リンクでもページランク4や5以上ですと結びたくなったり、
3以下(作られたばかり含む)でしたら自分のサイトのことを考え
申し出を断ったりしたくなりませんか?

実際、ページランクが低いサイトさんからの申し込みは躊躇したり
断ったりされるサイトさんが増えたのは私が見る限り”事実”でした。

これはちょっと困った問題と思いました。
将来良くなるサイトでも、最初はページランクは低いわけですし、
そして、前出のブックマークの多いサイトがページランクが低いからと
紹介されなくなってしまうことも悪影響でしょう。

▲ちなみにアクセス解析で見たところ、時計サイトの方では
ガクっと紹介される率が減ったのはページランクが話題になってからでした。
個人的に影響はあると感じています。

▲相互リンクを考える場合は、運営者のガッツなどの部分を見て(将来大きくなるかもしれませんし)
礼儀やサイト作り、運営の部分を見て総合的に判断してから結んだ方が良いでしょうネ。

ちなみにGoogleが日本に上陸する前から当サイトはありましたし、
Yahoo!もデレクトリー登録審査はありませんでした。

気がついた時には遅れを取っていて、時計サイトは21回のヤフー申請経験をしてしまった程。
相談所はずいぶん経ってからITダブル登録され、UMAに至っては2002年の9月に申請。
(サングラス&サーファーのオススメは嬉しかったけど)

下部に関連サイトを紹介していますので参考にして下さい。

新しいシステムに翻弄されている今日この頃ですが、何だかなぁ〜といった感じです。
商用サイトはアクセス向上は必須問題。

SEOなどに翻弄されるのもしょうがありませんが、本来の仕事を忘れるほどではイケマセンよね。


<追記>

ヤフーとグーグルの提携が解消される2004年3月。
このグーグル”ページランク”の注目度は思いっきり下がるのか、逆にカリスマ化するのか。

Yahoo!の関係者なら「どうしてヤフーがページランク8なんだよ!!!」と怒っていたでしょう。
「ページランクを上げよう」と煽っていたネットビジネス関連業者はどうするでしょうね。
ヤフーの新しい検索アルゴリズムを分析して、新たなテクニックを生み出すのでしょうか?

まぁ、個人的には700ページの時計サイトの表紙がページランク4という屈辱を与えてくれた
このグーグルのアルゴリズムはイヤでしたけどネ。(UMAサイトの6は置いておいて)


<更に追記>ページランク変動

検索エンジンgoogleの指針の一つ、ページランクが変動したようです。
私の所でも激動がありました。ご紹介します。

謎の巨大生物UMA ランク6⇒6⇒5⇒5⇒4

機械式時計研究会 ランク5⇒5⇒4⇒4⇒5

当サイト(相談所)  ランク5⇒6⇒5⇒5⇒4

以前は面白がって見ていましたが、落ちてしまうとイヤハヤ恥かしいデス。
一時期「6が二つもある」と威張ってしまったのは若気の至りとしてください……(ダメ?)
アクセス数的には変動は殆ど無いみたいですが、みなさんは如何でしょうか。

今まで評価が1番低かったマニアック時計サイトが高くなりました。
(作者としては1番最初に作って力を入れていたサイト)
各サイト間でのトップリンク”秘技バミューダトライアングル”を復活させようかな。

アルゴリズムにどんな変動を入れたのか?
機会があったら(専門の友人に)聞いてみたいと思っていますが、
私に理解出来るかなぁ。←理解できないと解説が文献の状態になります。

▲秘技バミューダトライアングル=過去、寒さ炸裂と言われた経験あり。

<知らない方>

googleのツールバーをブラウザに取り込むか
ページランクが調べれるダウンロードで調べれます。

当サイト関連記事

検索エンジンの調査

Yahoo!について

Yahoo!エンジン変更の衝撃



表紙へ