家に居ながらにして出来る商売、エレクトロニック・コマース。
人間嫌いでも体調の悪い人でも何とかなる光明が見えたEコマース。

バブルが弾け、ITは廃れると言われ続けながら、
上記の理由で将来的にも廃れる事は無さそうなネットショップ群。

自治体、ハローワークなどが無職対策なのか力を入れたけど、
あまりにも成功が少なく尻つぼみになってしまった今日この頃です。

マスコミでもてはやされるのはシステム系。ベンチャーと言われるジャンル。
株売買のシステム、ホームページを作るシステム(追記:ブログとか)、
広告の仲介業務のシステム(追記:アフィリエイトなど)です。

これらのシステムは広告を配したり会員費で成り立ち、
集中的に富を得ますが長続きが難しく、エンドユーザーの啓発は少ないです。
誰もが成功とは行きませんので、ユーザーの犠牲も発生するわけです。

年間の自殺が約35,000人(日本の厚生労働省人口動態資料)、
経済苦が相当なパーセントを占めている現実です。1日約100人ですよ!!!
先進国の中ではブッチ切りの率だそうです。

今こそ、ちゃんとしたエンドユーザー向けのノウハウに光を当てて
啓発すべきでは無いでしょうか。

進歩が早いとはいえ、いつまでも変わらないノウハウというものは有ると思う。
15ページ使った1日4〜5万PVアクセスの怪しい趣味サイトを紹介した「パート1」
解説した定番のセオリーもその一つでしょうし、
基本的なものさえ押さえれば意外と長期的にもライバルが出てきてもOK。

新しいものを取り入れても基本が脆弱であれば長続きしないし、
そもそも基本が出来ていないのに…というお金持ち企業を参考にしてもダメ。
ここの5ページは、ちょっと古い時代に書いたEコマースに特化させた記事です。

まったくの無名ハンドルネームの趣味サイトで出発し、通産省(当時)のEC白書掲載
月間600万円を越す売上を記録するなど、当初、走りに走ったサブサイト。
よくもまぁ、掲載されたものです。

ネットショップでは良く出来たほうだったと自分を誉めつつ、過労だったとも。
何せ、ネット接続は「テレホーダイ」の時代、昼間では電話料金が掛かりまくり、
月の通信費は10万円を毎月越えていたほどでした。表示スピードは遅かったし。

一方、お小遣いを稼ごうサイトや節約サイトの成功事例は月間100万円でしょうか。

「ネットなんかチラシだよ」と大企業の友人知人に言われながら、
当サイトを含めて3サイトで1日約70,000PVアクセス(ウンチク系で)となっています。
こちらは広告代で少しでも収入が得れれば好いなを目標にしています。

私のサイト作成術は努力すれば出来るものです。
その製作の裏側をご紹介。

ここを読んでいる読者さんは、合わなければスルーすれば良いですし、
何らかのインスピレーションが浮かべば取り入れてください。
古臭い記事が多いですが、何かのヒントが掴めると良いですね。

▲サイト開始時(ITバブル時)、ネットには多くのコンサル・サイトさんがありました。
しかし、現在は殆どが休眠・閉鎖をされています。
ITバブルが崩壊したのは、教えた側にも問題があったのでしょう。

しかし、色々と聞いて回った結果、ユーザー側にも”楽して儲けよう”という
他力本願が強すぎるのも現実に有ったようで…。(どっこいどっこいかな)

でも、5‐6年経ってから読みなおしてみると…

意外と良い事を言っていたり、
的確にコツをまとめているかもなぁ、
今でも充分通用するじゃんか、


…などと思ったり(自画自賛といいます)。
その古臭い記事↓スタート


このサイトのあらまし・存在意義(当時1999年)

わたしがこのページを立ち上げようと思ったのは、
ネットで探し回ってもネットビジネスの売上向上を謳っているサイトが
少ないからと思ったからです。

あ、語弊がありますね。
売上アップの為のコンサルティングやコンサルタントは、
検索すれば、すぐに山ほど出てきます。
もう、選ぶのに困るほど。

私は何日もかけて見まくりました。
しかしながら、多くのサイトが構築に主眼を置かれたコンテンツであり
それを学べば確かに綺麗なサイトは出来そうです。
サイトは出来ますが売上に直結するとは思えませんでした。

そして次によくあるのが経営理論や哲学系、
メーリングリストなどをご紹介しているサイトさん。経営学が主です。
ヤフー登録にあるのはこちらが主役です。

役に立つと思いますし、経営初心者やサイバービジネス入門者は
参加して学んでおかなければならないと私も思います。

しかし、現実はコンサルタントやネットショップを応援するショッピングモール、
メールでは通販を成功させるために〜うんたらと山ほどあるのに
どうして現実に成功しているネットショップが少ないのか?疑問です。

大変に疑問です。(先に出したEC白書掲載の記述が元)

セミナーなんて、公的機関から民間まで山ほどあります。
お金は要るけどそれで成功した人が少ない現実(後述)は
セミナー側しか儲けていないと思わずにいられません。
(ス、スイマセン)

実際深刻です。⇒コンサルタントへの不満FAQ(←古い記事によりスルー下さい)

ネットショップのウエブマスターが怠慢だから能力が低いからいけないのでしょうか?

そんなことは無いと思います。

ちなみに販売のプロである百貨店の通販サイトは店舗売上全体の1%しかないそうです。

更にコンサル系サイトで紹介している内容について気軽に質問して聞こうと思っても
掲示板のあるところは1割も無いようです。メールオンリーですね。
またメーリングリストに参加しようとすると有料になります。
(月3000円〜4000円ぐらいが相場のようです。)

もったいぶって話してしまいましたが、ようはノウハウらしきものはすべて有料で
会員になって初めて分かります。
無料のエリアはサイトの作り方や経営学などが限界のようです。

そこでネックな点があります。
お金を払って入会し、ノウハウを教えてもらって
初めて相手がイマイチだと判った場合でも
お金は戻ってこないところでしょう。

あらかじめサイトですこしでも触れているのは極少数でした。

ここでアダルトサイトを想像された人、ピンポンですね。
いいわよ、ウッフ〜ン写真まではあっても、さぁという部分は有料に切り替わります。

これでは気軽に情報が得られるはずのネットで抜けている部分ではないかと
このサイトを立ち上げたわけです。

もっとも、私のネットショップに多くのショップ経営者さんが来られまして、
彼らから「無駄にお金を使ってしまった。どうやっているのか教えてくれませんか?」
と頼まれることも多かったです。

そして、その都度アドバイスをしていたのですが、
サイトのデザインや使い勝手とは違うものですから大変です。
ここを見てくれれば簡単じゃないか!?一石二鳥でした。

ただ、私のノウハウも血のにじむ努力で得たものですので、
これを無料で提供するというのは抵抗感はありました。
しかし、人の為になるというところを重視しました。



            (どんどん次へ行ってください)