当サイトは「お気に入り」ブックマーク・バーを出しながら読む、を想定した大きさで作っています。

あなたはサイトで何を誰に伝えたいのか?その伝え方は千差万別。

当サイトのおいたち
さぁ、一歩飛び出そう!!!

作成者・運営者になったら新たなきびし〜い世界が出現!!!

ネットの良い所は、誰もが情報を発信できるところ。

TVやラジオ、本などでは見る側・読者側だったのが、ネットに入ってみると
”ホームページ”というのが誰にでも作れ、個人の日記ですら誰かに見られ、
知らない人から感想を貰えたりします。

読者から製作する側へ行けます。

これは面白い!!!・・・ということで、広がりました。
以前は若い女性が日記を書くだけで物凄いアクセスを得て、
ネットアイドルなるものも出現しました。

そんな話を聞いてサイトを作ってみたものの残念な事にアクセスが無い!!!
閑古鳥が巣作りでツマラナイ、休眠・閉鎖へまっしぐら。これが大多数。

読者だった頃はアレコレ言えた…良い悪いと批評すら出来たのに、
いざ自分が作ってみると”悪い”と言っていたレベルよりもイマイチっぽい。
”良い出来だ”と思っていても閑古っていたりします。よくあります。

プロですら、このお約束に含まれるという恐ろしい世界。
高かったプライドはズタズタに引き裂かれます。

▲大企業サイトは同じ土俵に入れていません。
企業名それ自体がブランドですから平均的な作りでもアクセスが有ります
しかしながら、無名サイトでアクセスを得れるようなサイト作りをすれば、
大企業なら、それはそれは凄い事が出来るのではないでしょうか…。

なぜでしょう?理由があります。
これは、おいおい語って行きますが、まずは脱却する事からはじめましょう。

当サイトは「有料業者」ではありません。

当サイトは本当に困っている方にアクセスアップやサイト運営のイロハを
紹介しようというサイトです。

後で紹介するサブサイトたちから「どうやってるのか教えて欲しい」等、
1通でも相当な分量の要る質問を受けていました。

メールが多くなってまいりましたので返事も厳しくなってきました。
そこで「ここを読んで欲しい」としたのが最初のサイトスタートです。

本当に困っているケースはネットショップが多いです。
個人の趣味サイトではそこまで深刻になる事は滅多にありませんから。

ゆえにネットショップ向けとしましたが、
”ネット上のものなら何でも応用が利く”つもりで作りました。
実践から生まれた定番サイトの作り方です。

レッツゴー!!!



表紙     ⇒次へ:まずは論より証拠