とりあえずやってみようの件前回の続きです)

ブックマークの多さはサイト評価やページランクに反映されず、
コピペで出来たようなサイトですらSEOテクにより検索エンジンの上位を独占している昨今。

前回紹介した解説、かなりダメだということが分かりました。

あまりにも私の取り扱いジャンルが広がり、無料の相談といったって、
労力的に不可能と云う事は明らかな程の多忙さ、じゃぁ有料化するか?というと、
頼む人なんかいないでしょう。私もそんなのはやる気は無いです。

魔法のようなノウハウは紹介していません。


当サイトのタイトル・イメージから、ネット特有の「楽して成功」の内容を
期待されていらっしゃいましたら、申し訳ありません。

一攫千金を求め、ノウハウを販売されている別のサイトへどうぞ。
当サイトを読まれても真面目に時間の無駄と思うからです。

よくIT長者のように取り上げられるケースは、稀な例でしかなく、
クローズアップされている方々と同じように出来るのは
奇跡というほど、正直言って可能性は有りません。

自称なら誰もが今日から成功者ですからね。
騙された人は「変な所を信じるのは止めよう」と一瞬は思うけど、
時間が経つと、逆に後輩を騙そうと思う人が出てくる厄介な面(汗)

平均的な方が運やツキで確実に成功というのを期待されているなら、
それは法律ギリギリの別の手段が必要じゃないかと思います。

本来ノウハウとは平均的な方でも努力次第で可能なものを言います。
正当に何かを成し遂げるならば、努力無しでは無理です。

努力無しの成功ノウハウは、一般的に「ヤラセ」って言います。
TV番組の捏造、ヤラセは嫌いですよね?なのにネットでは求めるの?

リアル社会では、特に営業の方は嫌な人に対しても頭を下げますが、
ことネットでは、嫌な人(サイト)は避ければ済むという事から、
そんなレベルですら、より努力が必要な世界ともいえます。

…と、いきなり表紙から説教臭く耳が痛そうなネット私的観でしたが、
このサイトが出来た頃より詐欺は酷いし、価格競争ばかりが目立ち、
成功者の紹介は他力本願ばかり、何だかIT世界は後退してるかも。

努力を他人に見せないという美徳が日本人気質ではあるけれど、
子供たちに、親や大人の努力する背中を見せなくて如何する!!!
なんてことを考えたりする独身の作者でありました。



表紙へ